広く公共的課題の設定、分析、提言を目的に、計画行政の各分野にたずさわる研究者、行政担当者、実務者等による学際的研究成果の発表と相互交流を行うことを通じて、理論と実践を統合する学問体系の確立をめざす

全国大会

  • HOME »
  • 全国大会

 

 

日本計画行政学会第42回全国大会のご案内


1.日本計画行政学会 第42回全国大会のご案内

■日   時:2019年9月12日(木)~14日(土)

■場   所:徳島文理大学徳島キャンパス(徳島市山城町西浜傍示180)

■大会テーマ:地方創生大競争時代と計画行政

■大会要旨:

2014年9月に「まち・ひと・しごと創生本部」が設置されて以来、特区の創設や政府機関の地方移転、各種の人材支援などの政策が順次実施されています。ただし、各自治体から見て、これらの中心をなすのは「新型交付金」であり、各自治体は「地方版総合戦略」を策定し、「KPI(重要実績評価指標)」を設定して、それぞれの独自な取り組みにより地域の活性化を目指すべし、とされています。すなわち、国による地方創生の大号令の下、例外なく財政状況が乏しい各地の自治体は、まずルールに則り交付金等を確保せねばならず、その上でさらに実施した施策の成果を試されるわけです。つまり、以前のように自治体を一律に扱うという状況ではなくなっているということであり、これはまさしく「大競争時代」と表現されうるものでしょう。

 他地域に先んじて人口減少及び高齢化が著しい四国の状況を鑑みると、この大競争時代を乗り切るだけの創意工夫を発案し、早急に実行に移していくことが喫緊の課題となっています。具体的には、街づくり、公共交通、移住の促進、農商工の連携、地域資源の活用などの諸分野で、優れたコンセプトと実行力を備えた体制づくりを行っていかねばなりません。そして、その推進を行う上で得られた各種の知見をどのように行政に取り込むべきなのか、このことがまさに計画行政に求められているのでしょう。

 そこで、今大会では、シンポジウムにおいて、このような状況に直面している四国から、特徴ある取り組みを行っている自治体等に登壇していただき、その詳細な内容をお伝えいただきます。その上で、みなさまとのさまざまな建設的な議論が交わされるのを期待しております。また、報告やワークショップではさまざまな視点からの議論を期待します。

 会員のみなさまをはじめ、多くの方々のご参加を心よりお待ちしております。

大会役員組織体制

大会会長 山中英生(徳島大学教授)
大会顧問 近藤光男(徳島大学名誉教授)
西川政善(徳島文理大学教授)
大会組織委員長 正岡利朗(高松大学教授)
大会プログラム委員長 青野透 (徳島文理大学教授)
  副委員長 松村暢彦(愛媛大学教授)
  副委員長 矢部拓也(徳島大学教授)
大会運営委員長 松村豊大(徳島文理大学教授)
大会事務局長 関丈夫 (香川高専教授)
  次長 近藤明子(四国大学准教授)

大会参加費用

参 加 費

一般会員

3,500円(当日受付は4,000円)

学生会員

1,000円(当日受付は2,000円)

非 会 員

4,000円(当日受付は4,500円)

意見交換会費

4,000円(当日受付は4,500円)地域文化研究会費を含む

研究研修会費

4,500円(事前受付のみ)

〇事前払込制度を導入しております。当日受付より割安ですので、ぜひご活用ください。

〇事前払込にあたっては、5月22日頃送付した案内文書に同封のの払込取扱票の通信欄に必要事項をご記入の上、該当する金額を下記の「口座振り込みについて」をお読みいただき、指定口座に払込ください。

〇スムーズな受付のため、可能な限り8月26日(月)までに払込手続きをお願いいたします。払込者情報を学会事務局が把握できるまで払込日から数日かかるため、8月27日以降に払込いただいた場合は、念のため郵便振替払込請求書兼受領書(払込取扱票の右半分)を当日ご持参ください。払込内容が確認できない場合、当日受付を適用させていただく場合があります。

「口座振り込みについて」

〇払込先の郵便振替口座

 口座記号番号:00160-4-601314

 口座名称(漢字):一般社団法人日本計画行政学会全国大会

 口座名称(カナ):シャ)ニホンケイカクギョウセイガッカイゼンコクタイカイ

1.払込取扱票を利用する場合

 下記必要事項を必ず明記ください。

〇払込取扱票の通信欄への記入事項

 通信欄の該当の欄にチェックを頂き、合計額を払い込み下さい。通信欄に記載されている会員様情報に変更等ございましたら学会事務局までご連絡ください。

2.インターネットにて振込をする場合

 下記必要事項を別途メールにて学会事務局までご連絡ください。

〇必要事項

 氏名、所属、会員種別、振込内容、お振込名義 (例:高大太郎 高松大学 一般会員 参加費 意見交換会費、コウダイタロウ)

 なお、振込先口座はゆうちょ銀行以外から振込を行う場合には以下の番号となります。

 ゆうちょ銀行 〇一九(ゼロイチキユウ)店 当座 0601314

2.全国大会プログラム

確定後にこのページにて連絡します。

【第1日目】9月12日(木) (変更の可能性あり)

08:00−

受付 [23号館1階]

09:00-10:30

●研究報告A ●ワークショップA [23号館]

10:30-10:45

休憩

10:45-12:15

●研究報告B ●ワークショップB [23号館]

12:15-13:15

昼休み・理事会

13:15-14:00

  • 開会式 [2号館アカンサスホール]
  • 大会会長挨拶 山中英生(徳島大学教授)
  • 学会会長挨拶 坂野達郎(東京工業大学)
  • 学会賞授与式

14:00-14:15

休憩    

14:15-14:25

◆シンポジウム趣旨説明(一般公開プログラム:無料) [2号館アカンサスホール]

  講師:正岡利朗(高松大学教授)

14:30-15:15

◆基調講演(一般公開プログラム:無料) [2号館アカンサスホール]

  演題:「VS東京の意味するもの(仮題)」

  講師:飯泉嘉門(徳島県知事)

15:20-17:30

◆シンポジウム(一般公開プログラム:無料) [2号館アカンサスホール]

  テーマ:「地方創生大競争時代と計画行政」

  パネリスト:飯泉嘉門(徳島県知事)

        古川康造(高松丸亀町商店街振興組合理事長)

        土井健司(大阪大学教授)

        林大介(道の駅よって西土佐駅長)

        守時健(高知県須崎市職員)

  コーディネータ:正岡利朗(高松大学教授)

17:30-

移動

18:00-19:30

◆意見交換会 [会場:7号館カフェパウゼ]

20:00-

◆地域文化研究会 [会場:阿波踊り会館 徳島市新町橋2-20]

意見交換会終了後移動   終了後現地解散

【第2日目】9月13日(金) (変更の可能性あり)

08:00−

受付 [23号館1階]

09:00-10:30

●研究報告C ●ワークショップC [23号館]

10:30-10:45

休憩

10:45-12:15

●研究報告D ●ワークショップD [23号館]

12:15-13:15

昼休み

13:15-14:45

●研究報告E ●ワークショップE [23号館]

14:45-15:00

休憩

15:00-16:30

●研究報告F ●ワークショップF [23号館]

16:30-17:00

●全国大会優秀発表賞表彰式 [23号館]

【第3日目】9月14日(土) 研究研修会

プログラム内容

●徳島県鳴門市の歴史・自然・芸術視察

集合・解散

  ●集合 09:00 JR徳島駅前 → 鳴門市ドイツ館

         ①鳴門市ドイツ館 09:40~10:20

         ②渦の道     10:50~11:35

         ③大塚国際美術館 11:40~15:00

  ●大塚国際美術館 15:00頃 →徳島空港経由 → JR徳島駅前 16:00

研修研究会費

●4,500円(各施設入場料含む、昼食代別)

定員

●25名(事前申し込みに限ります。先着順)

3. インターネット(無線LAN)への接続方法など

当日受付にてご案内します。なお、研究報告会場の各机付近にはPC用の電源がありませんのでご了承ください。

4.全国大会会場(徳島文理大学)へのアクセス案内

飛行機(空港リムジンバス)、高速バス、JR利用のいずれでも「徳島駅前」での乗換が必要です。

 ③番乗り場 徳島バス(徳島市委託路線)の南部循環線「左回り」

 ③番乗り場 徳島バス(徳島市委託路線)の「山城町」(ふれあい健康館)

いずれも「文理大学前」下車で、所要時間は約10分、運賃は210円です。会場まではバス停付近東門より約200mで、時刻は下記の通りです。

http://transfer.navitime.biz/tokushima/pc/map/Top

https://www.city.tokushima.tokushima.jp/faq/koukyo_kotsu/jikokuhyo-rosenzu.files/nanbu_diah300401.pdf

http://www.city.tokushima.tokushima.jp/bus/jikokuhyo.files/yamashiro_20180401.pdf

5.大会準備委員会からのご案内

■大会要旨集は8月初旬に日本計画行政学会ホームページで公開いたします。印刷配布はありませんのでご了承ください。

■第42回全国大会に関するお問い合わせ先

・徳島文理大学 松村豊大(大会運営委員長)

 E-mail:matumura@tks.bunri-u.ac.jp

6.研究報告、ワークショップの公募

全国大会での研究報告およびワークショップ企画を以下の要領で募集します。みなさま奮ってご応募下さい。

■研究報告の公募

大会テーマである「地方創生大競争時代と計画行政」にそった研究報告、あるいは、ひろく計画行政に関する研究報告を募集します。報告公募の期間内に、以下の諸事項を明記した研究報告申込書を指定のE-mailアドレスへ送付することでご応募ください。

研究報告申込書はこちら → 研究報告申込書(42回大会)

研究報告公募の期間: 2019年4月1日(月)~5月1日(水)5月15日(水)に延長しました。締切ました。

※応募が採択された後、改めて所定の書式で「報告要旨」を提出して頂きます。この「報告要旨」の提出期限は、2019年6月30日(日)となります。

(1)報告タイトル(邦文および英文)

(2)報告者名、所属(邦文および英文、報告者が複数の場合は発表者を明記)

(3)報告要旨(300字程度)

(4)対応責任者名、所属、連絡先住所、電話番号、E-mail

(5)研究報告申込書送付先 japa2019@tks.bunri-u.ac.jp (第42回全国大会プログラム委員会)

(6)発表者が下記の優秀発表賞の有資格者である場合には申込時に申告すること。

資格要件:報告応募時点で、発表者が学会員(学生会員を含む)であり、学術研究機関において常勤職(期限無し)に就いたことがなく、過去に同賞を受賞していないこと。また、報告応募時に資格要件を満たすことを申告していること。

※随時、受信確認のメールを返信します。数日経過しても返信がない場合は、上記送付先までご連絡ください。

■ワークショップ企画の公募

大会テーマである「地方創生大競争時代と計画行政」にそったワークショップ企画案、あるいは、ひろく計画行政に関するワークショップ企画を募集します。公募の期間内に、以下の諸事項を明記したワークショップ企画申込書を指定のE-mailアドレスへ送付することでご応募ください。

ワークショップ企画申込書はこちら → ワークショップ企画申込書(42回大会)

ワークショップ企画公募の期間: 2019年4月1日(月)~5月1日(水)5月15日(水)に延長しました。締切ました。

※応募が採択された後、改めて所定の書式で「企画要旨」を提出して頂きます。この「企画要旨」の提出期限は、2019年6月30日(日)となります。

(1)企画テーマ(邦文および英文)

(2)参加者名、所属(邦文および英文、申込段階で未定の場合はその旨記載のこと)

(3)企画要旨(300字程度)

(4)対応責任者名、所属、連絡先住所、電話番号、E-mail

(5)ワークショップ企画申込書送付先 japa2019@tks.bunri-u.ac.jp (第42回全国大会プログラム委員会)

※随時、受信確認のメールを返信します。数日経過しても返信がない場合は、上記送付先までご連絡ください。

■採否のご連絡ならびに「報告、企画要旨」の提出

研究報告ならびにワークショップ企画の採否については、プログラム委員会での選考を経て決定し、2019年6月1日(予定)までに採否通知を対応責任者にE-mailにて通知します。

採択された研究報告ならびにワークショップ企画については、「報告要旨」、「企画要旨」の提出を求めます。提出期限までにこれらが提出されない場合、報告、企画をお断りすることがあります。なお、「報告要旨」、「企画要旨」の執筆要領、原稿見本(Wordファイル)などについては採否のご連絡の際にお伝えします。

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本計画行政学会 All Rights Reserved.