広く公共的課題の設定、分析、提言を目的に、計画行政の各分野にたずさわる研究者、行政担当者、実務者等による学際的研究成果の発表と相互交流を行うことを通じて、理論と実践を統合する学問体系の確立をめざす

全国大会

  • HOME »
  • 全国大会

 

日本計画行政学会第41回全国大会のご案内


日本計画行政学会第41回全国大会開催要項

1.日時:    平成30(2018)年 9月7日(金)~ 9日(日)

2.開催地:   福岡大学(福岡市城南区七隈8-19-1 TEL:092-871-6631 (代表) )

3.大会テーマ: 「環境・経済・社会の統合的向上と計画行政-SDGsを見すえて-」

4.大会役員:      

大会会長         浅野直人(福岡大学名誉教授)

大会顧問         内野順雄(大分大学名誉教授)

               水谷守男(福岡大学名誉教授)

大会組織委員長    深川博史(九州大学大学院経済学研究院教授)

   副委員長       内山敏典(九州産業大学経済学部教授)

大会プログラム委員長  今泉博国(福岡大学経済学部教授)

         副委員長   菊地裕幸(鹿児島国際大学経済学部教授)

       副委員長   南 博 (北九州市立大学地域戦略研究所教授)

大会運営委員長    五十嵐寧史(福岡大学経済学部教授)

    副委員長     辰己佳寿子(福岡大学経済学部教授)

大会事務局長     仁部新一(九州共立大学経済学部准教授)

     次長         佐々木正廣(日本経済大学経済学部教授)

     次長         井田貴志(熊本県立大学総合管理学部教授)

5.大会趣旨:

人口減少、少子・高齢化の波は、とりわけ地方に厳しく押し寄せています。森林や里山の担い手不足は深刻で、それが社会インフラの老朽化・整備不足と相まって、恵み豊かな環境を生み出してきた国土の管理にも深刻な影響を及ぼすとともに、頻発する自然災害によって物心両面にわたる甚大な被害をさらに増幅させています。2007年9月に福岡で開催された第30回全国大会では、大会テーマ「環境保全の人づくり・地域づくりと計画行政―環境・経済・社会の統合的向上のために―」を掲げて議論を展開したところですが、10年を経た今日、環境保全を担う人材は不足し、地域づくりも困難を極めています。

一方、新興工業国や後発開発途上国を中心とした急速な経済発展や人口増大は、天然資源の枯渇や自然環境の破壊による生態系サービスの供給不全などをもたらすことが懸念されています。従来の経済社会システムに依拠するかぎり、人類社会はさらに厳しい環境上の制約に晒されることになりかねません。加えて、国内外を問わず生じている政治的な混迷は人類社会が立ち向かうべき多くの課題に対する政策決定を先送りしているようです。

2015年、国連において、先進国と開発途上国が互いに取り組むべき国際社会全体の普遍的目標として「持続可能な開発のための2030アジェンダ」が採択され、17のゴールと169のターゲットから構成される持続可能な開発目標(SDGs:Sustainable Development Goals)が掲げられました。

第41回全国大会においては、わが国や世界が直面する困難な状況を踏まえ、学会員のみならず、行政や経済界、市民など多方面からの参画を得て、「環境・経済・社会の統合的向上」の実現のため、英知を結集し、さまざまな角度から課題を整理し、議論を深めたいと思います。

多くの方々の参加を期待しています。

6.研究報告、ワークショップの公募:

全国大会での研究報告およびワークショップ企画を以下の要領で募集します。みなさま奮ってご応募下さい。

■研究報告の公募

大会テーマである「環境・経済・社会の統合的向上と計画行政-SDGsを見すえて-」にそった研究報告、あるいは、ひろく計画行政に関する研究報告を募集します。報告公募の期間内に,以下の諸事項を明記した研究報告申込書を指定のE-mailアドレスへ送付することでご応募ください。

研究報告申込書はこちら → 研究報告申込書(41回大会)

研究報告公募の期間: 2018年4月2日(月)~5月15日(火)

※応募が採択された後、改めて所定の書式で「論文要旨」を提出して頂きます。この「論文要旨」の提出期限は、2018年6月30日(土)となります。

(1) 論文タイトル(邦文および英文)

(2) 著者名、所属(邦文および英文、著者が複数の場合は発表者を明記)

(3) 報告要旨(300字程度) 

(4) 対応責任者名、所属、連絡先住所、電話番号、E-mail

(5) 研究報告申込書送付先 japa@econ.fukuoka-u.ac.jp (第41回全国大会プログラム委員会)

(6) 発表者が下記の優秀発表賞の有資格者である場合には申込時に申告すること。

資格要件:報告応募時点で、発表者が学会員(学生会員を含む)であり、学術研究機関において常勤職(期限無し)に就いたことがなく、過去に同賞を受賞していないこと。また、報告応募時に資格要件を満たすことを申告していること。

※随時、受信確認のメールを返信します。数日経過しても返信がない場合は、上記応募先までご連絡ください。

■ワークショップ企画の公募

大会テーマである「環境・経済・社会の統合的向上と計画行政-SDGsを見すえて-」にそったワークショップ企画案、あるいは、ひろく計画行政に関するワークショップ企画案を募集します。公募の期間内に、以下の諸事項を明記したワークショップ企画申込書を指定のE-mailアドレスへ送付することでご応募ください。

ワークショップ企画申込書はこちら → WSの公募(41回大会)

ワークショップ企画公募の期間: 2018年4月2日(月)~5月15日(火)

※応募が採択された後、改めて所定の書式で「論文要旨」を提出して頂きます。この「論文要旨」の提出期限は、2018年6月30日(土)となります。

    (1) 企画テーマ(邦文および英文)

    (2) 著者名、所属(邦文および英文、著者が複数の場合は発表者を明記)

    (3) 企画要旨(300字程度) 

    (4) 対応責任者名、所属、連絡先住所、電話番号、E-mail

    (5) ワークショップ企画申込書送付先 japa@econ.fukuoka-u.ac.jp (第41回全国大会プログラム委員会)

※随時、受信確認のメールを返信します。数日経過しても返信がない場合は、上記応募先までご連絡ください。

■採否のご連絡ならびに「論文要旨」の提出

研究報告ならびにワークショップ企画の採否については、プログラム委員会での選考を経て決定し、2018年6月5日(予定)までに採否通知を対応責任者にE-mailにて通知します。

採択された研究報告ならびにワークショップ企画については、「論文要旨」の提出を求めます。提出期限までに「論文要旨」が提出されない場合、学会発表を認めないことがあります。なお、「論文要旨」の執筆要領、原稿見本(Wordファイル)などについては採否のご連絡の際にお伝えします。

 

7.大会プログラムの概要:

【第1日目】9月7日(金)

9:00‐10:30

 ● 研究報告A  ● ワークショップA

10:45‐12:15

 ● 研究報告B  ● ワークショップB

12:15‐13:15

 昼休み  (理事・評議員合同会議)

13:15‐14:00

 ● 開会式 

 ● 学会賞授与式

14:15‐15:00

 ● 特別講演(一般公開プログラム)

15:00‐16:00

 ● 基調講演(一般公開プログラム)

16:15‐17:45

 ●  シンポジウム(一般公開プログラム)

    テーマ: 「環境・経済・社会の統合的向上と計画行政

-SDGsを見すえて-」

18:00‐19:30

 ● 懇親会 (会場:文系センター棟16F スカイ・ラウンジ)

 

【第2日目】9月8日(土)

9:15‐10:45   

 ● 研究報告C  ● ワークショップC

11:00‐12:30

 ● 研究報告D  ● ワークショップD

12:30‐13:30

  昼休み

13:30‐15:00

 ● 研究報告E  ● ワークショップE

15:15‐16:45

 ● 研究報告F  ● ワークショップF

17:00‐17:30

 ● 全国大会優秀発表賞表彰式  

 

【第3日目】9月9日(日): 研究研修会

 「地域活性化と世界遺産の活用- 世界遺産:沖ノ島・関連遺産群視察(福岡県宗像市)-」

*集合 9:00、日銀福岡支店前(福岡市天神)、 解散 13:00、JR博多駅(筑紫口)

 

8.第41回全国大会についてのお問い合わせ先:

  福岡大学経済学部 今泉研究室 今泉 博国

   E-mail:japakyushu@yahoo.co.jp

 

福岡市周辺での宿泊施設のご予約は、他の学会・会議、コンサート等の日程と重なりますと非常に難しくなります。大会事務局では宿泊先のご案内は出来かねますので、宿泊を希望される方は早めにご予約されることをお勧めします。

 

 

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本計画行政学会 All Rights Reserved.